今回警告されたOpenSSLの脆弱性は極めて重大な影響をおよぼすことがわかってきました。

CentOS等、修正パッチを適用することが必要です。

US-CERT

JPCERT

修正パッチを当てることができない場合には弊社にご相談ください。

対策可能なソリューションを用意しております。